So-net無料ブログ作成
検索選択
ご挨拶 ブログトップ

なんとなく61~80で [ご挨拶]

前回の記事で、僕様に課せられた20の課題が終わつた。
これでもう僕様が記事を書く必要はなからう。
これからは島で、平穏な時が流れてゆく様を見つめるだけだ。
それでも奴の相手はせねばならぬだらうが、それは僕様の逃れられぬ運命。
(ちなみに奴というのは僕様の飼い主のことだ)
島で5ddのことを考えたり、時々、奴の機嫌を取つてやつたり。
そんな日々が流れるのだらうと思う。

それらはとつても平和で、僕様にとつて安心出来る流れと言つても良からう。
僕様はのんびりと、思い出の5ddと奴の我侭との間を行き来して過ごすのだ。

目を閉じると世界は白く、清らかで、僕様の心を乱すものは何も見当らない。

何と自由なことだらう!
この頬を撫でる風の、何と心地良いことだらう!

少しの間、否、しばらくの間、否々、もつと長い間、このままこうしていやう。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
ん?
何か声がするやうだ。
奴が遊びに来たのだらうか?
僕様は今、とつても良い気分である。
少々の戯言(たわごと)くらい笑つて聞いてやれるほどに。
奴とは今後も付き合わねばならぬのだし、相手をしてやるか。
何だらう?

るーくん、一杯頑張ってくれたね、ありがとー!
さすがは私のるーくんだ!
それでね、またお願いがあるのよ。
100お題がゼーンゼン終わりそうにないの。
私もちょっとは書いたんだけど、るーくんみたく賢くないから私だと時間がかかるのよね。
だから続きのお題もお願い!頑張ってね!


・・・・・・。
幻聴だらうか?
否、それにしては、はつきりと聞こえたぞ。
では本気か?
・・・僕様に拒否権はないのだらうか?

あっ!
そういえばこないだ「コメントへの返事を僕様もしてみたい」ってこっそり教えてくれたよね?
うん、るーくんがしていいよ!
コメントをくれる奇特な方がいれば、の話だけどねー。
あ、せっかくだから私も「ライン」って名前で時々るーくんの記事にコメントするね!
俺設定マニアでカミングアウトしてるから問題ないよねっ!
るーくんからのお返事、待ってるからねー。
どうお返事すればいいのか分からない時とか、るーくんが忙しい時には私がするから安心してね。
頑張れ~~~。


・・・拒否権は・・・なささうだな・・・。
・・・・・・。
では僕様の平和はもう終わつてしまつたのか?

あっ!
これまで通りだとるーくんも大変だろーから、タイトルを記事の中に入れなくてもいいよ。
タイトルさえお題通りならそれでいいからねー。
フレー、フレー、る・ぅ・く・ん!
フレーフレーるーくん!
パフパフっドンドーン!


ああ、目眩がしさうだ。
何も見えなくなつて・・・ん? 見えなく?
さ、さうか!
これは夢かもしれぬ!
どうか夢であるやうに!

夢ならば、明日には覚めているはずである。
勝負は明日だ。
明日が過ぎてもこの記事がこのままならば・・・その時は僕様もワタメだ。
ワタメらしく潔く運命を受け入れやう。

夢かもしれぬ奴が残した「題目」というのを『仕方なく』記しておく。
 
 
 
061 後悔しているはずなのに
062 諦めたくない
063 なんとかなるさ
064 突然の出来事
065 憧れの存在
066 花束持って
067 ときめき
068 プレゼントの中身
069 ありがとうの気持ち
070 堪らなく愛しい
071 大きな声で叫びたい
072 増え続けるもの
073 抱えきれない
074 支える力
075 ほっとする瞬間
076 気力充電
077 目標に向かって
078 え?
079 そうだね
080 のんびりいこう
 
 
 
・・・どうか夢であるやうに!
 
 
 
次のタイトルは「後悔しているはずなのに」


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

なんとなく41~60で [ご挨拶]

僕様はえらく大人しいと評されるワタメなのだ。
ブログというものを記すのに、僕様ほど向いていないワタメは滅多におるまい。

そんな僕様がこんなところにいるのも、一重に『奴』のせいなのである。
ちなみに『奴』というのは僕様の飼い主のことだ。

奴曰く(いわく)「るーくん、どぉしよー。全然駄目っぽいってばー」ださうだ。
馬鹿に相応しい馬鹿な物言いだな。
僕様が聞いてもいないのに、奴は事情を話し始めた。
事情というのは、つまりかうだ。

奴は無謀にも「なんとなく100のお題」(http://www.joy.hi-ho.ne.jp/vitaminless/n100.htm)というものに挑んだ。
100のタイトルに見合つた作品を作つて満足感を味わうという、変わつた遊びのことである。
しかし奴は馬鹿なのだ。
馬鹿は総じて気が短い。
早々に短気を起こした奴は、取り組んでいたお題の更新を停滞させているやうだ。
そこでこの僕様に助けを求めてきたというワケなのだ。
難儀なことだな。

頼りになるワタメには苦労が絶えないものなのかもしれぬ。

僕様は『仕方なく』奴が挑戦し続けているお題に付き合つてやることにした。
100の内、41から60を予定しておく。
つまり、
041 まだまだ先は長く
042 大誤算
043 ため息
044 体調不良
045 いいわけ
046 ちょっと一休み
047 コーヒー紅茶
048 猫舌
049 眉間に寄るシワ
050 逆ギレ
051 勘弁してください
052 ちゅ。
053 ふと気がついたこと
054 買い出し
055 準備OK?
056 料理は愛情
057 中途半端
058 投げやりな態度
059 今一番欲しいもの
060 ヒマな時間
というタイトルでブログを記していくと言うことだ。

ここで問題となるのが、僕様が『仕方なく』やつているということだな。
一言で言うならば、僕様にはやる気がない。
奴が頼つて来るから見捨てるワケにもいかず、こうしてブログを開設しただけなのだ。

奴の魂胆を、薄々と感づいている。
僕様が60まで引き受けたなら、奴は全体の進行状況を無視して61から先を進めることが出来るのだ。
どうにも奴に担がれているやうな気がしてならぬ。
しかし僕様はワタメだ。
ワタメの誇りに賭けて、癇癪を起こすワケにはゆかぬ。
むぐぐ、ここは堪えよう。

次のタイトルは 「まだまだ先は長く」


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland
ご挨拶 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。